注文住宅は土地から取得した場合は規定路線だが

建築士によってさまざま

土地から先に購入した場合、注文住宅になるのは規定路線ですが、建築士によっては、あまり芳しい結果にならないこともあります。一級建築士による構造計算問題で大きな被害が出たように、肩書だけで判断し、全面的に信頼するのは避けた方がいいでしょう。一人の建築士の設計より、建売やホームメーカーであらかじめ用意されているプランのほうが、過不足がなく、万全のつくりであることが多いとも言えます。多くの専門家の目を通して、設計されたものですから。

つくる過程が確認できるのがメリット

建売にはない、注文住宅のメリットというのはいろいろありますが、中でも、建築過程が確認できるというのは大きいですね。どんなつくり方をされたか、その気になれば、逐一確認できます。別に疑ってかかるわけではなく、全面的に信頼していても、立ち合いたい、見たいというのは当然あるわけですから、しょっちゅう現場に足を運び、建てる過程を見ておくといいでしょう。これは建売にはできないことです。この過程を経た人からすると、建売購入というのは考えられないことでしょうね。

設計段階から積極的に参加する

建築士に丸投げというのは良くありません。建築士は、何件も設計しているさ中かもしれません。自分の住宅だけにかかりきりになっているとは限らないでしょう。設計段階から依頼主は積極的に関わり、設計図を見ながら家が完成した後の住まいかたのイメージトレーニングなどをしておくことが望まれます。そうすれば、何を変えるべきか、何が不足しているかがつかみやすくなります。現実に住むのは自分たちですから、どんどん希望を伝えるべきです。

注文住宅は、既製品の住宅と比較して、外壁のデザインや住居内の設備にこだわりがあることが多く、住み心地の良さを追求するにあたり、多くのメリットがあります。