賃貸物件は不動産会社選びが最も重要!良い不動産会社の選び方

現地待ち合わせ出来ない不動産会社は避けよう

インターネット上に公開されている賃貸物件から良いと思う物件が見つかった場合、サイト経由で不動産会社に連絡を取ると内見を依頼出来ます。内見を依頼した際には、必ず現地待ち合わせを申し出ると良いです。なぜなら、店舗へ一旦出向かせる不動産会社は賃貸物件の振替を行う会社として取引を避けるべきといえます。集客を行うために実際には存在しない賃貸物件情報を掲載する手口に使われるので、引っ掛からないように注意しましょう。

指定の予算を上回る家賃の物件を提示したらアウト

不動産会社は賃借人が支払う仲介手数料を収入源の1つとしています。仲介手数料は家賃の最大1ヶ月分を上限としているので、紹介する物件の家賃が高いほど不動産会社の仲介手数料収入は上がります。このため、予算上限を少し超える物件を提示して様子を見てきます。速やかに断り別の不動産会社を探した方が間違いありません。良心的な不動産会社では、予算の範囲内で探して貰えます。予算を少し超える物件についてはリクエストすれば見せて貰えるので、配慮がされている不動産会社ならば安心して契約出来ます。

チラシは持ち帰り検討する

不動産会社では自社で取り扱っていない物件であっても、不動産会社間で融通し合える独自のネットワークを持っています。客付け業者と言われ、別の不動産会社が大家から依頼を受けて借り手を探している物件を紹介出来るシステムがあるのです。印刷されたチラシがコピーの場合には、別の不動産会社の名前が書いてある紙の上に自社の名前を貼ってコピーしているので、持ち帰り帰宅後にネット検索すると元付不動産会社の名前が分かることがあります。元付不動産会社で契約した方が条件交渉をしやすいことがあるわけです。

札幌市白石区には地下鉄やJRが通っており、一般国道や高速道路も整備されています。そのため、札幌市白石区の賃貸物件は、交通の利便性が良い賃貸物件が数多くあります。