副業でもできる?マンション経営の管理業務とサブリース

副業でもできるマンション経営

マンション経営というと一大事業と考えられてしまうことも多かったのは確かです。しかし、現代ではサラリーマンやOLの副業としても行われるようになってきました。経営をすると考えると仕事が多いのではないかと考えるのはもっともなことですが、その業務委託をしてしまえば負担を軽減できます。家賃収入の一部を管理費用として業者に管理業務を委託するのに使用すれば良いのです。業務委託の範囲をうまく決めれば収入と仕事の量のバランスも選べるでしょう。

管理業務の種類と委託範囲

副業としてマンション経営をするときにはどの程度まで管理業務を自分で行うかを考えて業者に業務委託をすることが重要です。委託する業務範囲が広がるほど管理費用がかかることは否めません。業務内容は大別すると入居者管理と不動産管理の二つになります。入居者に関わるトラブルはしばしばつきものであり、その対応を任せておくに越したことはないでしょう。また、日常的な不動産の管理を行う時間が取れない場合には委託すると負担が軽くなります。それぞれが細分化されているので、委託したい業務範囲を決めて契約を結ぶことが重要です。

サブリース契約をすれば業務はほとんどなし

本当に時間が取れない場合や、マンション経営に時間を取られたくない場合にはサブリース契約を結ぶのも選択肢の一つです。マンションそのものを管理会社に借り上げてもらってしまう方法であり、管理業務の一切を任せてしまうことができます。業務として行わなければならないものはほとんどなくなるでしょう。家賃保証をする契約もあるので、空室の有無によらず安定した収入が欲しいというときにも優れているのがサブリース契約です。

マンション経営は、自己が所有するマンションを他者に賃貸をして利益を得る方法と他社の有するマンションを借りて転貸することで利益を得る方法があります。